• 化粧クリーム

    紫外線も予防

    肌の水分量が不足している乾燥肌には、水分補給と保湿が必要になってきます。
    そのためにも、化粧水はただ水分を与えるだけでなく、保湿成分が含まれている保湿化粧水を使用するのが有効です。
    代表的な成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC誘導体などです。
    ヒアルロン酸は保水力に優れているというメリットがあり、みずみずしい肌には欠かせない成分です。
    コラーゲンは肌のハリや弾力を維持する成分で、柔らかくハリのあるピンと貼った肌には不可欠です。
    ビタミンC誘導体は美白効果があるので、透明感のある肌を作り出し、シミをふせいでくれて、コラーゲンの生成を活発にしてくれます。
    どれも水分の多い化粧水とは相性の良いものばかりなので、保湿重視ならこれらの成分が配合された保湿化粧水がおすすめです。

    化粧水や美容液で肌に水分と栄養分を与えてあげても、そこでスキンケアを終了させてしまっては、肌から水分などが蒸発してしまって、肌が乾燥してしまいます。
    蒸発を防ぐためにも、乳液やクリームでふたをするのはとても重要なのです。
    これらには油溶性の保湿成分も含まれているため、肌のバリア機能を高めるのにも有効です。
    また、乾燥肌の場合は水分だけでなく油分も不足しているため、乳液やクリームで油分をプラスしてあげると、肌の水分バランスを整えるのにも役立ちます。
    べたつきが気になるなら、油分を含まないオイルフリーのものもあるおで、それを使用するのが良いでしょう。
    基礎化粧品にはそれぞれ役割がありますが、全部使ってこそ肌状態をアップしてくれるので、乳液やクリームも使用するのが大切です。